ギャンブル依存症

ギャンブル依存症とはどのような症状のことをいうのか調べてみました。

アメリカ精神医学学会の審査基準ではキャンブル依存症とは言わずに病的賭博と言っているそうです。

一般的には強迫的ギャンブルという呼び方も多いようです。ギャンブル依存症のことをもっと大きい問題と捉えて問題賭博という呼び方もあるそう。。なんだか怖いですね・・・

私的にギャンブル依存症の人は、借金をしてまでギャンブルをする・ギャンブルをすることで自分自身を苦しめたり家族など周りの人たちに迷惑をかけたりすることだと思っています。

ギャンブル依存症は進行性の病気と言えます。

幼いころからガチャガチャやお菓子についているカード集めから始まって、ゲームやスロットゲームに続いて、ギャンブル性のあるものに慣れて行ってしまうのです。
そうやって初めてギャンブルにハマるのは、ほとんどの人が言いますが、必ずビギナーズラックと呼ばれる一番最初に大当たりが出てしまうのがきっかけとなってハマっていくことが多いようです。が、そうでない場合もあります。

最初は趣味程度で週に一回とか気晴らしやストレス発散のために行っていたギャンブルが、だんだんとのめり込んでいき、一回だったのが2回・3回とギャンブルをする機会が多くなっていきます。毎日のようにギャンブルをするようになって、負けると勝たなければという気持ちになり借金をしてまでギャンブルをするようになるのです。

こうなると他の趣味なんてどうでもよくなり、ギャンブル漬けの日々となってしまいます。

ギャンブルをしていると、一時的には儲けることもありますが、結局のところ最終的にはトータル赤字。お小遣いの範囲ではお金が間に合わなくなって消費者金融などからお金を借りるようになります。と同時に家のお金を勝手に持ち出したり、盗んだりするようになるのです。

酷い場合には会社のお金に手を出したりと犯罪行為に及んでしまう人もいます。

それでもギャンブルをするのです。

そういった行動によって家族や周りの人にどんどん迷惑を掛けて行きます。

何度も同じことを繰り返し、自分自身が嫌になって自殺をする人もいるそうです・・・

ギャンブル依存症で借金を多数抱えていても借りれる金融っていうのはあるんですね・・

私でも借りれる金融業者※専業主婦・個人事業主もOK

ギャンブル依存症の人にはお金は貸さないとかっていう決まりがあったらそう借金地獄にはならないんだろうけど・・・見た目で依存症だなんて分かりませんよね・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>