月別アーカイブ: 2016年6月

身長が低いことがコンプレックスです

私は、身長が低いことがコンプレックスです。

小学校や中学校では、背の順で一番前にしかなったことがありません。
学年で、いや静岡で1、2を争う背の低さなんだと思います。

中学生のときは、いつか私も背が伸びるだろうと思っていましたが、身長は伸びることなく、大人になってしまいました。
私は、146センチで成長がとまってしまいました。

友人などに、身長が低いことがコンプレックスだと打ち明けると、たいていは、女性だから、小さくて可愛いよと言ってくれます。

しかし、身長が低いことでいろいろと困ることもあるのです。

まず、ズボンは絶対裾上げをしなくてはならないのですが、かなりの長さをカットしなくてはならないので、裾が広がっているなどのデザインの物は、普通のズボンみたいになってしまいます。
洋服屋の店員さんが着ていて可愛いなと思った服も、私が着るとなんだかバランスが悪くなったりしてしまいます。
身長が低いというだけで、服に関しての悩みはつきません。

まだ、146センチと小学生並みに小柄な為、20代後半になった今でも小学生に間違われてしまいます。
また、身体は小さいけど、顔は少し老けている、この人一体何歳なんだろう?みたいな感じで見られていることもあります。
なんだか年齢不詳に見えるみたいです。
若く見られていいじゃないと言われますが、若く見られすぎも困ってしまいます。

夏に海に遊びに行くと、下手をすれば中学生にも間違えられたこともありました。
そういえば、よく海へ行っていましたが、毛深いのが悩みでお手入れに今でも悩んでいます。
同じ悩みを抱えている方はコチラのサイト⇒<レーザー脱毛静岡

カミソリを使ったり、脱毛サロンに行く人もいますが、やっぱりお金をかけてキレイにしてもらう方がいいのかも、と最近よく思います。せめてそこはキレイになって大人の人に見られたい。通っているだけで大人だわ、と思えるかも。

それで、このコンプレックスを少しでも解消するために、私は、10センチ位あるヒールの高い靴なども履いています。

ヒールの高い靴は、足が痛くなるし、きついけれど、ヒールの高い靴をはいて、やっと平均的な女性の身長になれるので、どんなに足がいたくても、ヒールの高い靴や厚底のものを選んではくようにしています。

なので、外でしか会う機会の無い方は、私が身長低いということをあまり感じていないみたいです。

お食事などに行って靴を脱いだ時は、えっ、こんなに身長低かったの?と驚かれます。
靴を履いている間だけでもコンプレックスが解消できるので、高いヒールの靴はやめられません。